毛ガニの産地

毛ガニの産地

毛ガニといえばタラバガニやズワイガニと比べて体が小さいため、好き嫌いが分かれるカニと言われます。しかし、体が小さい分だけ旨みが身に凝縮されていて、カニ味噌もたっぷり入っています。ほんのり甘い繊細な味が特徴で、カニ刺し、カニすき、カニしゃぶなどオールマイティです。本物のカニ通は毛ガニを選ぶというほどです。

 

産地と季節
北海道が産地ですが、北海道でも大きく4カ所に産地が分かれます。オホーツク地方では稚内、雄武、網走、斜里など、太平洋側の道東では釧路、白糠、厚岸など、えりも産はおもに日高沖で、また、虎杖浜が有名な噴火湾産も一大産地です。それぞれ産地によって獲れる時期が少しずつ違っており、雄武などオホーツク産は流氷が溶け始める3月から6月が最盛期です。噴火湾産はその後の7〜8月になります。また、道東産は9〜10月、えりも産は11〜12月とちょっとずつずれていくのですが、つまり、北海道では1年を通じて毛ガニが獲れるということです。ただ、非常に貴重な環境資源ですので、小さいものやメスは漁獲が制限されています。

 

安くておいしい
カニ好きな私たち夫婦は、カニ通販を頻繁に利用しています。お正月や結婚記念日、二人の誕生日などお祝い事があればカニ料理です。かに本舗や浜海道の毛ガニセットが安くて量もたっぷりでお気に入りなのですが、絶妙な塩加減で茹でられたカニを急速冷凍した状態で届けてくれるので、味が良いだけでなく調理に手間がかからないところも魅力です。本場雄武産の毛ガニを、安い値段でお腹いっぱい食べられるのはカニ通販ならではですね。外食でのカニ料理となるとどうしても値段を気にしながらになってしまいますから、安くておいしいカニをたっぷり食べられるカニ通販がおすすめです。